そうなんだ!?美容整形の歴史

美容整形はいつから行われたの?

美容整形は、今では主流になりつつある手術なのですが実は歴史はかなり深いものになっています。日本で一番最初に行われたのはなんと明治時代なのです。意外にも歴史が浅いものであり、一番最初に行われていたのは肌を綺麗にするということでした。
いかに肌をきれいにするかということを研究していくことによって、いつしか手術までにいたり現在の整形手術の原型になったわけです。しかし、当時は美容整形があまり馴染み深くなかったということもあってあまり行われていませんでした。そこから、女性を中心に肌の悩みを抱える人が増えてきてから手術を行っていったわけですが、当時行われていた手術が現在も行われているというから驚きですよね。

整形手術別の歴史を紹介!

美容整形には、様々な種類が存在するのですが、その中でも一番歴史が深いのは肌の整形手術です。様々な薬品を使用して行うようなスキンケアもありますし、今では肌に紫外線を照射することによってコラーゲン層を生成することによって美肌になるといった整形手術も行われています。
脂肪吸引や豊胸手術に関しては、意外にも歴史が浅く1950年代とされています。高度経済成長期のなかで、アメリカから美容整形の技術が多く輸入されてきて、豊胸手術に関しては胸が小さい悩みを改善してくれるためにかなり注目されていました。シリコンを使用した手術ですが、今でもその手術が行われているので驚きですね。脂肪吸引に関しても行われていますが、進化していることに変わりはないようです。

豊胸というのは、女性の魅力アップを図る上で大変効果的となり、自分の理想とするバストサイズを目指すことができます。